FC2ブログ

360度

「」向け。18禁です。 書いてあることは全部ネタです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

けいおんちゃん伝承考

キーワード:けいおんちゃん、貴種流離譚、祀り棄て、スティグマ、オズワルド





 二次裏は土俗の伝承空間と地続きである。OSをはじめメイドなど諸キャラクターを伝承を背景とする世界観に結び付けることは比較的容易なことだ。今回はけいおんちゃんを対象とし、考察をしてみよう。



一章 ターゲッティング

本章では対象とするキャラクターを明確にする。

・対象はけいおんちゃんである。

けいおんちゃんとはアニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の主人公であり、キャラクターデザインがアニメ「けいおん!」のそれに酷似していた為、それを揶揄するように「けいおんちゃん」と呼ばれるようになった。

・「おのれけいおん!」

けいおんちゃんの決まり文句。けいおんに対する怨念がこもっているとされる。後にこれは「おのり」という動詞へと変化することになる。

・けいおんちゃんの待遇

二次裏においてけいおんちゃんはどのように接せられてきたか。ネタとして、スクリプトとして、その後しばしの期間をはさみ同じ岸田メルデザインのアニメ「花咲くいろは」の放映を機に再び流行する。その過程で、実はヘタレ、けいおんを恐れている、キャラデザがけいおんに近くなったのは赤井のため、いろはちゃんのほかネッサ、ドラッカー、ナイトレイドなどけいおんちゃんファミリーの形成、そしてディズニーキャラクター「しあわせウサギのオズワルド」別名おのウサさんの発見



二章 貴種流離譚

本章では貴種流離譚という伝承学の概念をオズワルドの半生を振り返りつつ紹介する。

オズワルドの半生、これは偶然にも貴種流離譚と呼ばれる物語のパターンに合致する。

では貴種流離譚とはどのようなものか。貴種流離譚とは折口信夫が見出した民間伝承のパターンのひとつで、「高貴な生まれの子が、何らかの理由でひとり遠い地をさすらい苦悩する」ものだ。実例を挙げると、スサノオ伝説、源氏物語、竹取物語、各地に伝わる義経伝説、平家の落人伝承、はちかづきなど。シャアもこれに当てはまるとされる。

貴種流離譚の構造を抜き出すと次のようになる。

血筋または職能→誕生→廃棄・流刑→漂泊→共同体への来訪→事件→事件の解決→共同体の再生→聖性の獲得・認識・自己の再発見→旅立ち・帰還、または定住

   Q けいおんちゃんにもこのパターンが当てはまるのではないか

三章 けいおんちゃん流離譚



けいおんちゃんのストーリー



人気イラストレーターのデザイン(血筋または職能)→けいおん顔に(誕生)→パクリ、売れてはいけないアニメとさえ評される(廃棄・流刑)→放映開始(漂泊)→二次裏に登場(共同体への来訪)→(事件)→(事件の解決)→けいおんちゃん祭(共同体の再生)→けいおんちゃんとしての自己を認め始める(聖性の獲得・認識・自己の再発見)→けいおんちゃんファミリーなど仲間が増える(旅立ち・帰還、または定住)



このようにある程度の合致が見られる。事件に相当するものが何か? 詐欺事件?いろはちゃんの登場?

多くの貴種はムラを去り、帰還を果たすが、
この場合定住するパターンの貴種流離譚になると思われる。
ではけいおんちゃんは貴種といえるだろうか?

他TIPS
・中世、ライ病を患った者は乞食僧として漂泊した。これをスティグマという。スティグマは穢れの証であると同時に聖性の証でもある。穢れも聖性も可視化されるのだ。→けいおん顔はスティグマであるといえる

・けいおんちゃんは貴種流離譚であるが、マレビトではないと思われる→境界を司っていないため→がおるはマレビトであり、境界を司る境界神である


ネッサも同様の運命をたどっていることから、けいおんちゃんを始め、おのりキャラとは貴種流離譚で語られるものということができる。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/07(水) 00:39:12|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jamir36o.blog66.fc2.com/tb.php/17-19dac99c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。