FC2ブログ

360度

「」向け。18禁です。 書いてあることは全部ネタです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

来訪紳としての悪魔がおる

がおるマレビト考

序文
 悪魔がおるは特殊な立ち位置を持つキャラクターである。imgにおいてはdatからやってくる獣と少女の姿をした悪魔であり、番号ゾロ目のレスポンスにより「即返脚」され、datに帰っていく。

 このようにサーバ間を行き来するとされるキャラクターは思いのほか少ない。てすとjunの「先輩」やnovの「うま味紳士」のように各サーバの象徴的キャラクターの顔をimgでもよく見ることができる。しかし前述した二例はいずれも「novに帰れ」「里に引きこもっててください」と言われることはあれ、がおるにおける「即返脚」のような帰還させるための定型様式を持たない。

 ならば、即返却こそがimgにおける悪魔がおる固有のストーリーであり、そこには何らかの意味が隠されていると見るべきではないだろうか。
 本論においては悪魔がおるを二つの特性、「dat(村)から訪れるもの」「帰還を促す儀式行動を持つ」ことからマレビトと仮定をおき、その明確な論拠を明らかにする。さらに民俗学的側面からがおるというキャラクターの可能性を探ってみたい。

 がおるの性質に関しては先に触れたとおりである。ではその性質と照らし合わせながらマレビトという民俗概念を紹介しよう。
 マレビト概念を理解するためにはまず、民俗文化の基本となる「ウチ」と「外」と「境界」を知る必要がある。我々が世界を認識するとき、自分にとり身近なもの(場所)と身近でないもの(場所)に分けて認識される。この認識は自身の生活を中心に円形を描いており円の中心から遠のけば遠のくほど、自身とは縁遠いものとなり、円の外は未知の領域となる(図1参照)。

 あえて言うまでなくこの円は実際の生活に限らず、二次裏でも発生している。imgにその実例を見てみると、自身の関心ある話題のスレがより中心に近く、関心は薄いがカタログで見かけるネタがその周縁に配置される。
 さらに認識の円はサーバを超える。比較的近しいとされるdatをはじめとし、nov、jun、mayなどがより中心から遠い周縁に配置される
 。中心から遠くなればなるほどサーバに関する認識は、断片的なものとなりイメージを構成していく。たとえばjunの文字コラ、novのクソコテなど強い存在感を持つ情報が円中心に向け発信され、その情報から「junちゃん家は頭おかしい」などとの言葉が浮かび上がることになる(図2参照)。

 そして認識円の境界は「ふたばちゃんねる」という明確な境界線により、「ふたば」と「それ以外のネットコミュニティ」という対立項が描かれる。2ちゃんねるやニコニコ動画に対する苦手意識の発生は円の外部にある共同体ゆえのものといえる。危険なもの、未知のものとは常に認識円の外部から来るためだ。

 
 円の内部を「内」、円の外部を「外」と我々は認識する。
しかし内と外の対立項だけで世界観が作られるものではなく、さらに両者の間には「境界」があり、この境界こそが妖怪幽霊を文化的に考察する上でもっとも注目すべき要素となる。

 たとえば黄昏時という言葉がある。夕刻、だいたい5時から6時代の日が沈む時間であるが、語源は「誰そ彼」であり、今のように電灯ない時代、道行く人の姿こそ見え顔は見えず「そこにいるのは誰か」と問いかける時間帯であった。

 さて、この黄昏時はよくおばけが現れる。たとえば口裂け女は下校の時間(夕方)に現れるし、小豆洗いが出現するのも夕刻である地域もある。

 これは夕方とは昼間と夜の境界であり、誰そ彼時とは身内と部外者の区別(境界)があやふやとなる時間であるからだ。おばけは何かと何かの境界に現れる。それは怪なるものこそがあやふやな存在であるためだ。幽霊が死者と生者の境界に立っていることがもっともわかりやすい例だろうか。狐などが人に化けるのも、人と獣の境界を化けることであやふやにする行為だ。近しい意味で女装「」もまた怪なる境界者ということができるだろう。否哉という女装妖怪もいる。

 以上、簡単にウチとソトと境界について説明してきた訳であるが、ようやく再三述べているマレビトを紹介する前提が整った。
 マレビトとは来訪者であり、境界を行き来するものである。
 民俗学者折口信夫により発見された概念であるが、悪魔がおるは驚くほど共通の性質を持っている。
 次項においてマレビトと来訪について詳しく述べよう。
スポンサーサイト

テーマ:腐女子的思考 - ジャンル:サブカル

  1. 2010/01/24(日) 04:48:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jamir36o.blog66.fc2.com/tb.php/15-916fcf73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。